グループホームさんとめ

認知症対応型共同生活介護とは

認知症グループホームとも呼ばれています。

認知症高齢者に配慮した共同生活住居の中で、要介護高齢者が少人数で家庭的な雰囲気の中で共同生活を送れるよう介護を提供するサービスです。グループホームさんとめでは認知症ケアを学んだ専門のスタッフが対応します。

少人数での生活とすることで、高齢者同士、また高齢者と職員が馴染みの関係の中で、落ち着いた生活をおくることができます。

グループホームさんとめでは、地域の行事へ参加したり、地域の方が気軽に立ち寄って入居者とおしゃべりのできるスペースも設けています。

グループホームさんとめに入居できる方、医療機関受診について

※所沢市に住民票があり、認知症の診断を受けた要支援2~要介護5の認定を受けた方が利用できます。

グループホームさんとめの利用定員は、1つの共同生活住居(ユニット)の定員が9人で、2ユニット設置し、合計18人です。

認知症についての専門知識を有するスタッフと共同生活を送りますが、できるかぎりご自身で出来る事は行っていただき、あえてスタッフはお手伝いを中心とさせていただきます。

医療行為は原則として行いませんので、病気があっても安定されている事が必要です。急な体調不良時も看護師が勤務していますので安心です。

定期的に受診が必要な方は、かかり付け医の受診や、近隣にある埼玉西協同病院等からの往診も受けられます。

利用までの流れ

利用相談、利用申し込み

診療情報提供書の作成

実態調査(訪問)

利用判定会議

お引越し

サービス利用開始

グループホームさんとめでの生活

グループホームさんとめ便り

第2回さんま祭り

第2回さんま祭りを開催しました!!
限定50食予定が、さんま100尾100食となりました。
おいで下さった方々、ボランティアの皆さん、準備した職員のみなさんありがとうございました。職員のお子さん3姉妹が盛り付けを手伝ってくれました(^_-)-☆

所沢市中富1617(老人保健施設さんとめ内) 電話 04-2941-6358

老人保健施設さんとめ(代表)

TEL:04-2942-3202
FAX:04-2942-4407

メール
rk-santome@mcp-saitama.or.jp

〒359-0002 埼玉県所沢市中富1617
アクセスはこちら

このページの先頭へ