四季折々

"お花見"献立2020年

4月4日は「お花見献立」を提供しました。
お花見で食べるお弁当イメージし、主食に「赤飯」、主菜に桜型の人参をあしらった「筑前煮」、副菜は春らしく「菜の花の柚子味噌かけ」、そしてデザートは、花形の器に苺と牛乳で桜色を演出して作った「苺ミルクゼリー」を提供しました。
献立のあちこちに花にちなんだ品々をちりばめて、春を感じて頂けたら幸いです。

"カルシウム強化"献立2020年

今月の健康増進メニューは「カルシウム強化」をテーマに献立を作成しました。
人間は加齢とともに骨を作る細胞の活性が低下する為、骨が弱くなると言われます。
今回は、カルシウムの多い食品である「がんもどき」「小松菜」「海苔」「あさり」などを献立に取り入れました。
骨を強くするためには運動や日光に当たることも大事だと言われていますので、皆様も日頃から、カルシウムの多い食品の摂取と適度な運動・日光浴を心がけましょう。

"西協同病院増築記念"献立2019年

2019年4月1日、埼玉西協同病院は、新棟が増築されて大きく生まれ変わりました。
さんとめ食養科では、埼玉西協同病院やグループホームさんとめ・小規模多機能さんとめの食事も調理しており、4月12日(金)は「埼玉西協同病院増築記念」のお食事をご用意させて頂きました。
さんとめ食養科で提供した食事を召し上がって下さっている、多くの方が喜んでいただけるよう、今後も美味しく安全なお食事をお届けしていきたいと思っています。

"お花見"献立2019年

4月4日の季節メニューは「お花見献立」です。
春真っ盛りのこの時期。満開に咲く花をイメージして作った献立です。
まずは桜の花。ちらし寿司の上に桜でんぶを使い、桜が咲いているような演出をしました。
次に、梅の花。柔らかく蒸し焼きにした鶏肉に梅ソースを添え、さっぱりと仕上げました。
そして最後に桃の花。桃の香り漂う、果汁入りのゼリーにしてみました。
少しでも春の花をイメージして召し上がっていただけたら、という気持ちを込めて作りました。

お花見献立2018年

4月5日は「お花見献立」を提供しました。
お花見で食べるお弁当をイメージし、主食に「ちらしご飯」、主菜に「カレイの梅あんかけ」、副菜は春らしく「筍とわかめの煮物」です。そして「春のゼリー」と題して、白いゼリ―の上にピンクの小さな花のゼリーを飾ったデザートを添えました。
献立のあちこちに花にちなんだ品をちりばめて、春真っ盛りの季節を感じて頂けたら幸いです。

苺クッキー2018年

4月11日に「苺クッキー」を提供しました。
昨年度の食事満足度調査から「クッキーが食べたい」という意見を頂きました。通常のクッキーの固さではなかなか難しいので、試行錯誤の末、常菜から分粥菜まで同じものを食べて頂けるように「やわらかクッキー」を作成しました。
新しい試みでしたが、利用者様から「色々考えて下さって感謝します」「今日のクッキー美味しかったです」などの声をいただきました。
今後も利用者様からの、「これが食べたい」という要望に応えることができるように、日々精進していきたいと思います。

季節の献立 "お花見"2017年

4月4日はお花見献立でした。
桜でんぶご飯・鶏ひき肉と野菜のテリーヌ風(梅ソース)・トマトとブロッコリーのサラダ・すまし汁・いちごの5品を、味はもちろん、見た目でも楽しんでもらえるよう、彩り豊かに仕上げました。
利用者様からは、「彩り豊かで春らしい」「見た目がきれい」などのコメントを頂きました。
お食事をしながら春を感じ、お花見をした気分になっていただけたら嬉しいです。

食事で日本一周旅行!トルコ2016年

4月の郷土料理は、世界編でトルコです。トルコ料理は耳慣れないかもしれませんが、フランス料理・中華料理に並んで、実は世界三大料理の1つにあげられています。
トルコは欧州とアジアの中間に位置するため、様々な文化が融合し豊かな食文化が形成されています。夏がとても暑いので香辛料を多く使った料理が特徴的です。今回は香り豊かなピラフに、主菜は代表的なトルコ料理のケバブ、副菜はカリフラワーのトマト煮を選びました。
このトマト煮をピラフと一緒に食べるとちょっと本格的なトルコ料理になります。スープはマッシュルームといんげん豆のスープで、デザートは、東欧では有名なモザイクゼリーです。少しでも、トルコへ旅行した気分を味わって頂けたらと思っています。

お花見献立2016年

4月5日はお花見献立です。
主食は「お花見ちらし」で、ご飯の上に炒り卵・鮭フレーク・梅干しを散らして彩りよく仕上げました。
主菜は「鶏肉の香味焼き」で、ローズマリーを加えた調味料に肉を漬け込み、香り豊かに焼きあげました。
副菜の「煮合わせ」は、春野菜である筍に、木の葉を型どった南瓜と花型人参を添えて、華やかなイメージにしてみました。
デザートの「桜ゼリー」は、桜湯を使った桜の香りをゼリーの中に、花を型どったゼリーと葉をイメージした緑のゼリーを散らして、1品で桜を感じられるように工夫しました。
利用者様に、少しでも春を感じて頂ければ幸いです。

今月のイベント食「お花見献立」2015年

4月2日に花見献立を提供しました。お花見のお弁当をイメージした献立にしました。主食は桜の花びらが入ったちらし寿司を、さくらの花びらの型で型抜き提供しました。主菜は鶏挽き肉で人参、いんげん、炒りたまごを巻いて蒸しあげた親子巻き蒸しです。見た目がとても綺麗で花見には見栄えする料理だと思います。副菜は菜の花のお浸しと木の葉型に飾り切りした南瓜の煮物です。デザートは花見団子をイメージして白ゴマプリンにみたらしあんをかけました。見た目と味のバランス考え調理しました。花見気分を味わってもらいたいと願いをこめて作りました。

食事で日本一周旅行!千葉県2015年

4月の郷土料理は千葉県です。東京湾沿岸はあさりの名産地なので、主食はあさりご飯にしました。主菜は房総半島の漁師料理である、アジのさんが焼きに、千葉県が出荷量1位のカブを酢漬けにして添えました。副菜は千葉の県花の菜の花をピーナッツ和えにしました。汁ものは農村部の集会等で、大鍋で振る舞われる芋けんちんにしました。デザートは生産が多いブルーベリーを使用し、ブルーベリーミルクプリンで提供しました。

今月のイベント食「お花見献立」2014年

4月4日(金)はお花見献立でした。内容は、刺身盛り合わせ・春きゃべつの甘酢和え。筍の煮物・うどのすまし汁・オレンジです。当日は桜も満開を迎え見ごろでした。お料理からも春を感じていただけるように、煮物のニンジンとご飯は花型に型ぬきし、松花堂弁当に盛り付けました。食材は普段の献立では使用できない、筍と春キャベツ、菜の花、うどなど旬の食材を使用しました。見た目が綺麗、おいしいと利用者様にとても好評でした。

お花見に行きました2014年

3階療養棟では、4月に入って隣の西協同病院の駐車場までお花見行事に行ってきました。当日はポカポカ陽気でとても暖かく、上着もいらないくらいでした。参加者全員が季節を感じ、満開の桜を楽しまれておりました。久しぶりに施設の外に出た方もいらっしゃり、皆さん3階での日常とは全然表情が違いました。「来年のこの時期には、また元気にお花見に来ましょうね!」と約束して帰って来ました。
通所でも「お花見ドライブ」行いました。3月30日から4月9日までの10日間、東川へ出かけました。1日だけ、運転手さんのアイデアで、クリーンセンター脇のしだれ桜や芝桜も見ることが出来ました(行けなかった日の方、ごめんなさい)。「綺麗ねー」等々、桜の美しさに感動。また、来年もみなさんそろって、お花見に行きましょうね。

施設周辺の歩道清掃を行いました2014年

4月4日、事務部門で、施設周辺の県道沿いの歩道清掃を行いました。
新1年生も通学で利用する歩道には、たばこの吸い殻、お菓子の袋、マスク、紙類などが落ちていました。ポイ捨てされたものでしょうか。
わずかの時間にゴミ袋2つ分のゴミが回収できました。活動内容を施設の全体朝礼にて報告し、美化意識の啓蒙に努めました。今後、継続して美化活動に取り組んでまいります。

老人保健施設さんとめ(代表)

TEL:04-2942-3202
FAX:04-2942-4407

メール
rk-santome@mcp-saitama.or.jp

〒359-0002 埼玉県所沢市中富1617
アクセスはこちら

このページの先頭へ